大分県産かぼすとアルペンザルツ岩塩を使用したやさしい飲み心地のホワイトエール「おつかれ山ビール」のこだわりをご紹介

大分県産かぼすとアルペンザルツ岩塩を使用したやさしい飲み心地のホワイトエール「おつかれ山ビール」のこだわりをご紹介

HOPPIN' GARAGEの黎明期にYAMAPの専属ガイド、愛称「ひげ隊長」の前田央輝さんの企画で開発された。おつかれ山ビールコリアンダーシードと柑橘の香りが特徴のホワイトエールのスタイルを基本としつつ、アルコールは3%と低めに抑え、汗をかいた身体のためにアルペンザルツを隠し味に、よく使われる「オレンジピール」に代えて大分県産の和柑橘かぼすを使っています。 HOPPIN' GARAGEの歴代商品の中でも、再発売された回数ではトップの人気商品が、このたび、装いも新たに登場。今回はその開発の時のエピソードと、担当ブルワーがこだわったポイントその他を解説しようと思います。

おつかれ山ビールが「ホワイトエール」となった理由

「おつかれ山ビール」は前田さんがHOPPIN' GARAGEにご自分の飲みたいビールを応募してきたことから開発が始まりました。 前田さんが自ら立案した初期のコンセプトは「一日中ロングルートを歩いてきたハイカーが、山小屋やキャンプサイトに辿り着いた時に呑む最初の一杯であり、自分へのご褒美の一杯」。 実は、その応募の時点で、前田さんの中には明確なイメージがあり、ベンチマークにしたいビールテイスト商品はホワイトベルグで、酵母は上面発酵酵母、麦芽には大麦麦芽だけでなく小麦麦芽も使い、副原料にはコリアンダーシード柑橘類アルコール度数も低めに、と、原形となる要素はいろいろ提案されていました。 前田さんがHOPPIN' GARAGEのスタッフとともにサッポロビールの開発拠点がある焼津を訪れたのは2019年7月14日のこと。山への想い、登山の後に山小屋で飲むビールの美味しさ、そのビールが自分のつくったビールだったら、などなど、熱い想いを語る前田さんにスタッフもブルワーも圧倒されました。 その時のお話の一つで、人生でもっともビールがおいしかった瞬間は、北アルプスを登り、白馬岳の山荘で出している生ビールをジョッキで飲んだ時、だったとか。因みに、その生ビールは黒ラベルだったそうです。前田さんは九州・鹿児島のご出身ですが、サッポロビールは薩摩人が作った(注:開拓使麦酒醸造所の開設に尽力した村橋久成は薩摩藩出身)、ということもご存じで、普段から「ホワイトベルグ」も愛飲されていた、とのこと。 などなど、熱弁に圧倒されつつも、この商品を担当することになっていたブリュワーがたまたま「ホワイトベルグ」の開発者だった、ということが話の種になり、打ち合わせはとんとん拍子に進みました。

・「アルプス」だから「アルペンザルツ」!? 前田さんのイメージが明確だったこともあり、小麦麦芽と「コリアンダーシード」を使うことはすぐに決まりました。その「コリアンダーシード」は「ホワイトベルグ」のために使えるようになっていたので、ここまでは迷うこともなく決定。

(「ホッピンラガー」の記事へのリンクがあるといいかと思います)

さらに、山をイメージさせるもの、汗をかいた身体に優しそうな素材として、「北アルプス」→「アルプス」→「アルペンザルツ」の連想法(?)で、隠し味としてこちらを使うことにしました。これも、たまたまですが、サッポロビールがクラフト商品として開発したことのある「グルメビア」につかったことがあり、入手、活用しやすい素材でした。

(事実ベースですが、マイナーな商品なので話題にしない方がよければ、修正します)

・困った時は「かぼす大使」に聞け!? いちばんの迷いどころは和柑橘でした。前田さんの出身地でもあり、YAMAPの本社もある九州らしいものは? その場のメンバーで順にあげていきました。 「たんかん」、「ぽんかん」、「日向夏」、「甘夏」、「かぼす」…… 「かぼす」といえば、「かぼす大使」!? 実は大分県では県外企業の支社・支店長らが転任する際に「豊の国かぼす大使」に任命することになっており、サッポロビールの九州日田工場の工場長もそこに含まれています。「かぼす」をはじめとする大分名物をぜひ県外でも広めてください、というわけです。 ちょうど「かぼす大使」に任命されたばかりの先輩が一人いたことを思い出した担当ブリュワー、そのつてで大分県庁の担当者の方につないでいただき、「かぼす」を調達できる時期、量などを相談して、加工してくれる地場の業者さんまで紹介してもらえました。持つべきものはよい先輩、よい「かぼす大使」!? 「かぼす」は特徴的なグリーン感のある和柑橘ですが、その香りがまさに「おつかれ山ビール」の決めてになりました。

(リンク入れるかはお任せしますが、当時のお披露目イベント。https://note.com/hoppin_garage/n/n151196459d97)

・前代未聞のオンライン中継イベント 「おつかれ山ビール」はHOPPIN' GARAGEの商品を隔月で発売していく商品の第2弾として、2020年の6月に発売されました。実は、第1弾の「それが人生」では、2020年の4月発売だったこともあり、コロナ渦の影響から、リアルで予定していた発売イベントを急遽オンラインで開催したところ、それが評判を呼んで、早期に完売していました。 続く第2弾では、YMAPらしさ、ひげ隊長らしい企画で、アウトドアの拠点をむすぶ異色のオンラインイベントで、イベント開催中に通販サイトの受注上限に達し、その後も勢いが止まらず、準備した数量がこれまた早期に完売するという好評を得ました。それもあって、同年10月に追加ロットも発売することになりました。いろいろと異例づくしといえます。

(そのイベントのレポート。自社関連のnoteじゃないですが(和musubiの方ですね)、臨場感たっぷりの記事がありました。https://note.com/tukamatter/n/nd834ba942e17)

その後、2021年8月にも定期便ユーザー向けの限定商品として再発売され、今回は、パッケージデザインも一新しての再発売となります。 以前飲んだことのある方も、初めての方も、アウトドアが大好きな方も、インドア派の方も、ぜひ一度お試しください。

このサイトはアルコール関連のページであり
20歳以上の方を対象としています。
あなたは20歳以上ですか?

いいえ