このサイトはアルコール関連のページであり、
20歳以上の方を対象としています。
あなたは20歳以上ですか?

試作品

みんなが応募してくれたアイデアがビールになりました。
この中から新しい商品が生まれます!!

とりあえずエダビー

再生停止

日本全国の美味しい珍しい食材を収集しています。農家さんとの懇親会も多く、お酒を飲みながら食材にまつわる話を聞き回っています。「このトマトには娘の名前をつけたんだ」とか「この野菜は焼きそばに合うんだよ」など。そんな農家さんとの懇親会は、ビールと枝豆でスタートすることが多く、とある農家さんから教わったのが、口の中で枝豆を嚙み潰しながらビールを飲むスタイル。慣れるとハマるこの飲み方が、今では私の定番です。ビールの苦味とキレの中に、枝豆の甘みが広がり、塩味がアクセントになります。

「とりあえずビールと枝豆を注文して乾杯しよう」
「乾杯」っていい言葉ですよね。お疲れさま、とか、最近どう?とか、会話が生まれるきっかけとなり、初めましての人とも仲良くなれる魔法の言葉です。焼津の開発ミーティングと懇親会で話し合いながら、そんな乾杯に似合うビールが、生まれたと思います。

企画者プロフィール

志水 祐介

1982年大阪生まれ。食材にまつわるストーリーを収集している子煩悩。
どれだけ深酒しても、早朝筋トレと朝ごはん準備を完遂する精神的タフネスさが強み。好きな食材はトマト。トマトの生育方法と子育てを重ね合わせ、日々奮闘中。

ブリュワーコメント

成瀬 史子

枝豆の青々しい香りを感じつつ口に含むと、枝豆のうまみに塩味のアクセントが組み合わさって、これまでに味わったことのないコクやうま味を体験できるビールに仕上がりました。

一覧に戻る